2010年08月03日

ロータックス住宅のつくり方 評判, オール電化, 太陽光発電, 節税効果, 住宅資金【無料相談サポート有】



01.gif












→詳細はコチラをクリック!←



◆◇ロータックス住宅とは・・・◇◆


税金の安い家、つまり固定資産税の負担が少ない家というのが直接的な意味となりますが当サイトにおきましては住宅ローンや家住宅を維持管理していくために必要なお金(=ランニングコスト)などを含めて負担が少ないという意味で使用しています。

また、同時に、無駄のない住宅資金の活用、余裕のある住宅ローン返済、減税、補助金などの優遇措置を最大限活かすことを目的としています。

一般的に、住宅ローンの返済は数十年に及びます。

家住宅の本体や住宅設備には、点検や補修、設備交換も必要です。

家を所有していく限り、毎年、固定資産税を払わなければなりません。

先々への不安回避、リスク分散回避・・・

ロータックス住宅は、10年、20年、30年先を見越した、マイホーム購入建築予定の方へ送る提案住宅です。



ロータックス住宅のつくり方 評判, オール電化, 太陽光発電, 節税効果, 住宅資金



→詳細はコチラをクリック!←



◆◇ロータックス住宅の勧め◇◆


税金というのは、払わなければならないものと理解していてもお金を支払ったその場で、その恩恵を直接実感することができないので余計にその負担は重く感じられます。

特に、毎年5月頃は、車やオートバイの税金と重なる時期でもあり、固定資産税を加えると1ヶ月に支払う税金の総額が10万円を超える方も少なくありません。

特にサラリーマンのように、所得税や住民税が給与天引きで納税の実感が比較的薄い方は納付書で、ある程度まとまった税金を支払うことがより重く感じられるかもしれません。

【ロータックス住宅のつくり方】は、これから家を新築する、または購入する方にロータックス住宅基準という新しい選択基準を住まいづくりの中で活かしていただくよう、固定資産税の節税ポイントや、住まいづくりのプロセスなどの注意点を解説したものです。

例えば、同じ床面積で、同じ機能の設備を持っている家でも、間取りの決め方やリフォーム計画、資材、設備の選び方、取り付け方などの違いによって収めなければならない固定資産税に差がつきます。

その額は、10年を過ぎると数十万円に及ぶこともあります。

また、固定資産税の税額は、国民健康保険、介護保険の負担にも直接、影響することがあるので、負担はさらに大きなものとなる場合があります。

先の見えない不況や終身雇用制度の崩壊、年金問題など将来に対する不安は多くの方が感じていると思います。

その中で、20年、30年と続く、住宅ローンの負担を背負うことには同時に相応のリスクも背負うことになります。

また、住宅ローンだけでなく、固定資産税や保険料の増額など新たな負担となるものがあります。

せっかく夢のマイホームを手に入れることができても、これらの新たな負担が生活を圧迫してしまうようでは本末転倒です。

現実的なこととして、住宅ローン破綻に追い込まれ、マイホームを手放すことになってしまったケースが多く見られます。

中には、【ゆとりローン】といった「将来はこうなるはず・・・」という将来に負担を先送りした結果が悲劇となることもあります。

住宅資金として、一度、投資してしまったものは、例え、それが不要のものであったとしても効果がなかったものであったとしても、住宅ローンとして、固定資産税としてその負担を将来にかけて背負うことになってしまいます。



→詳細はコチラをクリック!←







このブログは、ロータックス住宅のつくり方の【期間限定情報】口コミ 感想 レビュー 評価 購入者の声 評判 ブログ検証 暴露 比較 ランキング クチコミ 内容 効果 方法 教えて 日記 コメント プロフィールなどの情報を公開しているブログです。
















その他のお得な情報はこちら


株取引錬金術 レビュー 購入特典

戸籍から改名する方法 評価 購入特典

有料アダルトサイト 比較 アダルトヒルズ




























この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。